テレエッチフレンドとセフレの付き合い方の違い

電話で出会うセフレとの付き合い方

電話で仲良くなって頻繁にテレHするようになり、今日もどうかな?と思って連絡したらアレ、つながらない!?これ、現実のセフレあるあるですが電話Hフレンドあるあるでもあるんです。いきなり音信不通になるので心にポッカリ穴が開いたようになりますよね。

 

せっかく出会えたテレエッチパートナーなんだから関係を長続きさせたい!と誰もが思うはず。どうやって付き合っていけば関係が長続きするのかについてまとめました。

 

 

相手の要望は聞く

長続きさせる最大のポイントは、常に喜びを与えることにあります。「いい人だ」「あの人に話すとなぜか楽しいんだよな」「面白いしまた話したいな」とポジティブな要素をくれる相手だと思わせることです。

 

その為には相手の女性が電話中にしたいこと、時間帯、電話する長さなど、相手の女性の希望を聞いてそれを守ることです。

 

 

相手がしたくなるタイミングを探る

まず女性から「今日テレエッチしたい」となかなか恥ずかしくて言ってくれません。言ってくれればこちらとしても楽ですが、なかなか現実は厳しいもの。

 

特定の電話Hパートナーが見つかり、数回エッチをした状況でどれくらいの頻度でテレエッチをしたいのか探りましょう。

 

相手の仕事やプライベートのこともありますので、コチラは毎日したいけど相手もそうだとは限りません。

 

誘う時は男性から

相手の要望、したいタイミングの情報を得たらあとはコチラから誘うことを徹底します。

 

大体このくらいの日かな?という日にちにメールでアポを取りましょう。

 

「暇だから」という理由は絶対に言ってはいけないNGワードです。

 

「あなたと話したいから」という理由でアポを取ることを忘れずに行わないと女性は機嫌を損ねてしまいます。

 

豆腐の形を崩さずに持つくらいデリケートに女性と接するようにしましょう。

 

まとめ

 

テレセフレは大体は半年以内に連絡が途絶えたり自然消滅するケースで、1〜2年同じ相手と続けばかなり長期的なお付き合いができています。

 

テレセフレとの付き合い方はプライドを捨てて都合のいい男になることが大事です。

 

いかに女性に尽くせるかが長続きの秘訣なので、常に優しく接してあげて上記のポイントを押さえながら付き合っていくと自然に長続きしていくでしょう。